【011Artistic SNOWBOARD 2013-14モデル】 残りわずか!ご予約お急ぎください!

011Artistic-1314.jpg

社会人はお盆休みが終わり、学生は夏休みが終わろうとしている。
もう9月。スノーシーズンインまであと3ヶ月。
波情報を見ながら、スノーの準備もしないと!

毎年3月よりご予約の受付をさせていただいていますスノーボードですが、
ご予約が当店入荷予定数に達し、Webでのご予約を終了させていただきましたモデルをお知らせいたします。

【011Artistic FLATKING】全サイズ
【011Artistic FLATKING LIMITED】全サイズ
【011Artistic FATZERO】全サイズ
【011ARTISTIC FV】全サイズ
【011ARTISTIC REMIX SPIN】全サイズ

011Artisticに関しまして全9モデル中5モデルのWeb予約終了させていただきましたが、他の4モデルに関しましても、一部のサイズに関しましてはWeb予約終了させていただきました。
残りわずかとなっておりますのでご予約はお早めに!

尚、Web予約終了しました商品のご購入を検討されていましたお客様は店頭にてスタッフにご相談ください。
(メールやお電話では対応できかねますので予めご了承くださいませ。)


JANGU JACK オンラインショッピング 【011Artistic SNOWBOARD】はここをクリック

JANGU JACK FaceBookページはここをクリック


【EXPARNA SNOWBOARD】 2013-14 エクスパルナ LEDで光る スノーボード

exparna-image-1.jpg



スノーボードのソール面をLEDで照らす、光るスノーボード「エクスパルナ」。
独自の埋込技術製法によって、これまで非常識とされてたソール面への発光を実現!
さらにPOWER LEDを使用した大光量と軽量化に成功!(世界初となる特許技術を採用)
長期に渡る研究・テスト・膨大なデータから計算されたLED設置位置は、最も効率良く美しく見える「スノーボードと光の融合」を生み出した!

心臓部とも言える「ハウジング」には、発光を制御する基盤・リモコンの受信装置が内蔵され、充電式バッテリーもこの中に収納した世界初のシステム搭載スノーボードです。

全ての操作は腕バンド式の「リモコン」で行い、ボタンを押すだけでLEDの発光パターン(4種)とスピード(3段階)を調整することができます。

光ることだけでなく板の性能も追求し、反発力UPと軽量化を実現するために適所にカーボンを使用しています。また、足したには強化素材を配置して耐久性も向上させました。ソフトなフレックスながら高い反発力を併せ持ち、直進安定性と浮力を強化し、2006年特許取得後も長期開発期間を経て「ハイグレード」×「光る」といった2つの要素の融合に成功しました。

日中からナイター、また、パウダーからパーク、グラトリやジブに至るまで、あらゆるシーンに幅広く対応するオールラウンドな1本です。

exparna-g01red-1.jpg

exparna-g01green-1.jpg

exparna-g01blue-1.jpg

exparna-g02green-1.jpg

exparna-GLINT_Spec.jpg

exparna-color_type_glint.jpg

【バッテリーハウジング】デッキ中央に配置、軽量・高耐久性
exparna-G01-4.jpg

【リモートコントロール】腕バンド式でON/OFF、点灯パターン4種・スピード3段階を変更
exparna-G01-5.jpg



ご予約受付中!ご予約特典有り!
JANGU JACK オンラインショッピング 【EXPARNA SNOWBOARD】はここをクリック

JANGU JACK FaceBookページはここをクリック


【GUSH SNOW WEAR 2013-14】 ガッシュ スノーウェア ご予約好評受付中!

gush-1314-1.jpg

gush-1314-2.jpg

gush-1314-3.jpg



画像はおすすめのセットアップですが、ご自由にカラーを選んでいただけます。
ジャケットのみ、パンツのみの単品販売もしております。
店頭にカタログをご用意しておりますのでご自由にお持ち帰りください。



GUSH STATEMENT FOR SNOWBOARDERS (GUSH 2013-14カタログより)

カナダのレジェンドであり、ディフェクティブ・フィルムの監督の立場にもあった、ショーン・ジョンソンとともにスタートを切ったのが1990年。それから23年もの間、「GUSHブランド」は移り変わる時代を見守り、それぞれ時代に応じたシーンのエッセンスを、妥協を知らないショーンの感性を交えつつ、進化を続けてきました。

かつては北米のレジェンドライダーであるマイク・ランケットやジミー・ハロポフ、若き日のクリス・ダフィシーも着用し、さらに国内ライダー達からのフィードバックをもとに繰り返し行われたミーティングの結果、ブラッシュアップされた現在のGUSHが完成しました。

創立当時から続いている「Live in the Dream」のコンセプトのもと、今期も機能性に優れ、カラーバリエーションが豊富なラインナップを擁し、雪山であなたが過ごす夢の時間を支え続けていきます。



只今ご予約受付中!ご予約特典有り!
JANGU JACK オンラインショッピング 【GUSH】はここをクリック

JANGU JACK FaceBookページはここをクリック


【V7&V9 POWDER BOARD】 2013-2014 スノーボード パウダーボード

V7&V9

スノーボードには様々なスタイルがありますね!
多くはゲレンデをクルージングして楽しむフリーライディング。
パークのレールやボックスをこすって楽しむジブ(ジビング)。
パークのキッカーでワンメイク。
滑りながらスピンやプレスをきめこむグラトリ(グラウンドトリック)
ハーフパイプやスロープスタイル、ボーダークロス。
スピードとカービングのアルペン。

そして、
バックパックにボード装着し、スノーシュー(かんじき)にポールを使って雪山を自分の足で登って、滑るバックカントリー
スキー場のリフトなどを使って裏山を滑り、またリフトに戻ってくるサイドカントリー
このバックカントリーやサイドカントリーはパウダー(深雪)を狙ったボードスタイルだ。

ここ数年、西日本でも日本海側山間部は大雪になることが多く、セカンドボードとしてパウダーの滑りやすいボードを求めるボーダーが急増加している。
でも、ほとんど多くのスノーボーダーは、週に1日程度のスノーボードライフで、その日の天候が大雪になるのは年に数回程度。でもその数回、パウダーボードがあればその日1日どんなに楽しいものになるだろう!グラトリメインで買ったボードでは、コースの端のパウダーを食ってはコースに復帰の繰り返しの滑りで、それも楽しいのだが、せっかくだから急斜面のオフピステを思いっきり攻めてみたい!でもその数回の大雪のために10万円も超えるようなパウダーボードはやはり手が出ない。メインのボードより高くなってしまう。
それに目的地はスキー場。バックカントリーを目指している訳ではない。
ゲレンデ整備が入ってしまうし、コースの斜度やゲレンデ上部と下部で雪の深さも変わってくる。圧雪バーンやボコった面ではパイダーボードでは制御不能とよく聞く!

そんなこんなで、やはりパウダーボードは買っても使う機会があるのか?なんて思ってしまってやはりあきらめてしまう。

でもそんな悩みを抱えていた多くのスノーボーダーにこの『V7&V9 POWDER BOARD』をおすすめしたい。

このボードはサイドカントリーを意識して設計されたパウダーボード。
テール形状はオリジナルで特に形状名は命名されておらず、スワローとフィッシュのハイブリッドといったところで、コンベックスもパウダーボードなのにソフトコンベックス。
足下間はキャンバーで、ノーズとテール側はロッカー形状になっている。
パウダーでの浮力と操作性、ゲレンデでのエッジコントロールをしやすく設計されたボードに仕上がっている。価格もリーズナブル。

今シーズン、近くのゲレンデに向かう際、大雪注意報や警報が出れば是非はこの「V7&V9」を車に積み込んで行ってもらいたい。
アダルティーなスノーボーダーにとってボード2本持ちは今や常識かな!?

「V7&V9」でサイドカントリーにはまったら、次はバックカントリー目指したいですね!


V7 152cmはレディース又は小柄なメンズです。
V9 156cmはメンズです。



JANGU JACK オンラインショッピング 【V7&V9 POWDER BOARD】はここをクリック

JANGU JACK FaceBookページはここをクリック



【NICO(ニコ) セパレートスノーボード】



これ何?? 面白そう! 絶対欲しい! 早く乗りたい\(^^)/

新しいSNOWギアのご案内です。

雪上スポーツはスキーから始まり、スノーボード、スノースケート、スノースクートと様々なギアが登場してきましたが、新しくセパーレートスノーボード「NICO(ニコ)」の登場です。

NICO セパレートスノーボード

どんな形状かは下の図を見てもらうとよくわかるのですが、スノーボードの一枚ものと違って、前後(左右)が独立した2枚の板から成ります。
バインディングはスノーボードのものを使用します。(4×4インサートホール)
※バインディングは付属していません。別途購入が必要。

NICO-SPEC-2


スノーボードと違ってリフト乗り場までスケーティングをしないで、両足にバインをはめて歩いてリフトに乗れて、リフトから降りてそのまま滑っていけるんです。

NICO-IMAGE-2

モデルは3タイプですが、性能はすべて同じでデザイン違いなだけなので、上手下手は板のせいにできない(>_<)
でもバインの違いやパウカントの装着で違いが出るかも!試してみる価値アリ。
もちろんワックスの違いは滑りにかなり影響しそう!

2013-14シーズンはおそらくまだあまり見かけないと思うので、人口が増える前にうまくなっておきたいですね!

気になるお値段ですが、¥23,940(税込)と意外とリーズナブルで嬉しい!
バインディングのほうが高くつきそう(笑い)

初心に戻って新しいことをするドキドキ感、楽しさを味わってみてください!
あ~冬が楽しみ!



JANGU JACK オンラインショッピング 【NICO セパレートスノーボード】はここをクリック

JANGU JACK FaceBookページはここをクリック


NEXT≫
プロフィール

テンチョー

Author:テンチョー
ジャングジャックブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR