FREEBORD(フリーボード) よりグラトリを意識した【NEWトラックG3-R】搭載モデル登場!



FREEBORD(フリーボード)とは?簡単に言いますと、路面でスノーボードに近い動きができるスケートボード。

フリーボード説明


一般的なスケートボードとの大きな違いはウィール(タイヤのこと)が6個あるということとスノーボードのようにビンディングがあるということ。

6個のウィールのうち2個はボードのセンターにあり「センターウィール」と言います。
このセンターウィールはキャスターのようにクルクル回転し、他の4個のウィールより出っ張っていて常に路面に接触しています。
他の4個のウィールは体重を足のヒール(かかと)側に落としているときはトゥ(つま先)側が浮いている(路面に接していない)状態、又逆にトゥ側に体重を落としている時はヒール側が浮いている状態にあり、この4個のウィールはスノーボードで言うエッジの役割をするので「エッジウィール」と言います。

センターウィールは高さ調整ができエッジウィールとツラにすることができますし、センターウィールを外して単にロングスケートとしても楽しめます。
その場合は、トラックのブッシュゴムを柔らかいものに交換しないと、トラックのハンガー幅が広いですので安定しすぎて小回りが聞かないです。
ブッシュゴムも「ハード」と「ソフト」が別売しています。


フリーボードはここ数年スノーボードのグラトリ人気にあやかってスノーボードのオフトレとして人気が高まっています。

当店では15年前後前からフリーボードを扱っていますが、当時はもう少しボードが長く単にダウンヒルをスノーボードのニュアンスで楽しんでいましたが、スノーボードのグラトリブームの火付け役となった011Artistick Snowboardsが10年ちょっと前にデビューした頃からグラトリ思考のユーザー様が増えてきました。

フリーボードも年々とまでいかないですが少しずつ進化しているんです。
ビンディングがスカイフックと呼ばれる単にシューズを引っ掛けるだけのものから、角度や足の甲高さに合わせる高さ調整ができるようになった「S2ビンディング」が登場し、ウィールの系や硬さや耐久性、ボードの素材やサイズが微妙に見直され、トラックも強度が強くなった「G3トラック」が登場しました。

そしてこの度トラックがさらに進化して「G3-Rトラック」搭載モデルが発売となります。

フリーボード-G3Rトラック


G3-RトラックはG3トラックの進化系で、違いはトラックのハンガー部分の角度が4度付いているところです。

この角度がついていることによりボードを回転させる時の例えばヒール→トゥ→ヒールと体重を乗せ変える時の逆サイドのエッジの引っかかり(逆エッジ)の心配が極めて減少されるでしょう!

それにおそらくウィールの消耗も抑えることができるでしょう。

G3-Rトラックのこの4度の角度付けはスノーボードのチューンナップに置き換えますとエッジのビべリング加工のようなもので、フリーボードのセンターウィールの高さ調整はスノーボードのソール形状のコンベックスのようなものですので、スノーボードのグラトリモデルには必須なビべリング+コンベックスで、よりグラトリを意識したフリーボードに進化したと言えるでしょう。


この新しい「G3-Rトラック」を搭載したモデルが日本では2015年7月にデビューします。
只今ご注文を受付しております。



【FREEBORD(フリーボード)】についてもっと詳しく!



砂がつかないビーチタオル【SANDUSA(サンデューサ)BEACH TOWEL】

SANDUSAビーチタオル

【SANDUSA BEACH TOWEL】 サンデューサ 放水防砂 ビーチタオル

多くの皆さんはビーチでゴザやビニールのレジャーシート、ビーチタオルを敷物として使用していますよね!

ゴザはムレにくく砂もつきにくく画期的なのですが、細かい砂が目詰まりしちゃってシャワーで洗って乾かしてもホコリのように砂が出てきちゃって、使って洗っての繰り返しですぐにボロボロになっちゃうのが難点ですね!

ビニール製のレジャーシートは砂がつきにくく、シャワーでサーと砂を流せるのは利点ですが、日光の照り返しでムシムシして汗がしたたり落ちてシートの上に溜まってる状態がよくありますよね!不快指数MAXです!
見た目的にも海でレジャーシートってなんかおしゃれじゃないですよね!ブルーシートはないでしょ!(笑)

ビーチタオルは肌触りがよく、したたり落ちた汗も吸い取ってくれて快適なのですが、さぁ帰ろう!となった時ビーチタオルの裏側にごっそり砂が、周りに迷惑なのはわかってるけどできるだけ風向きを考えて叩いて叩いて、でも完全に砂が取れる訳でもなくビニールに入れて持ち帰るものの直接洗濯機で洗うか悩むところ!お風呂場で軽くシャワーしてある程度砂が取れて他の水着とかと一緒に洗濯機で洗濯って感じですかね!
一度このめんどくささを経験したらビーチタオルは二度と使いたくなりますよね!

海水浴が苦手な人の多くは砂が苦手!砂を持ち帰ってしまうのがいや!なんですよね!

結果、最善策としてレジャーシートの上にビーチタオル敷く!

でも結局レジャーシートとビーチタオル、洗い物が増えちゃうんですよね!


前置きが長くなりましたが、ここで今回ご紹介したいのが・・・

世界初! 防水性と防砂性を備えたビーチタオル、その名も SANDUSA(サンデューサ) ビーチタオルです。 

世界初??確かに有りそうで無かった!

SANDUSAビーチタオル


パテント所有の最高傑作のビーチタオルの登場です。
ウォータープルーフ&サンドプルーフのビーチタオル。
現在、世界中で販売されているそうですが、日本初上陸です。(2015年6月5日発売)

Sansusaは世界初の砂がつかない魔法のビーチタオルです。
オーストラリアのゴールドコーストでの熱心なサーファーbaz brownがビーチで長時間を過ごしていた時にアイデアが生まれました。濡れて砂だらけのタオルにうんざりした彼がSandusaの開発コンセプトを掲げました。

このタオルの最大の特徴は水がタオルに浸み込むのを防ぎ、また砂がタオルの裏面に付かないようにする技術が使われている点であり、これは特許を取得しています。このタオルがあればビーチで体はいつもさらさらです。

もちろん洗濯機で洗えます。(最初だけ多少の色落ちも考えて他の物と別に洗ってください)

サイズは160×85cm

カラーはKIRRA(BLUE/ORG)とMOROCCN(YEL/ORG)の2色展開

SANDUSAビーチタオル-BLUE_ORG

SANDUSAビーチタオル-YEL_ORG


価格は5,800円(+税)で他のブランド大判ビーチタオルと価格的にはそう変わらないかな!
海外でも50ドル弱で内外価格差はほとんどないですね!




詳しくはJANGU JACK オンラインショッピング【SANDUSA ビーチタオル】で!




SANDUSAビーチタオル

SANDUSAビーチタオル

SANDUSAビーチタオル
プロフィール

テンチョー

Author:テンチョー
ジャングジャックブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR